よくある質問

Q-1. 電話やメールは日本語で通じますか?
Q-2. ミューチャルファンドやヘッジファンドは日本にいながら購入できますか?
Q-3. 香港の株式市場は何時にはじまりますか?
Q-4. 銀行口座や証券口座の開設にどのくらいかかりますか?
Q-5. 国際電話のかけ方が分かりません
Q-6. アメリカやヨーロッパの株はどのように注文するのですか?
Q-7. ベトナムやカザフスタンの株は買えますか?
Q-8. プライベートバンクはどうですか?
Q-9. 海外にはツアーでしか行ったことがありません。金融のことは全くわかりません。それでも大丈夫ですか?

Q-1. 電話やメールは日本語で通じますか?
A-1. 日本人スタッフがおります。日本語で大丈夫です。

Q-2. ミューチャルファンドやヘッジファンドは日本にいながら購入できますか?
A-2. 購入できます。ただし、一度は弊社にお越しいただき、必要書類を提出いただく必要があります。これが難しい方はお問い合わせください。

Q-3. 香港の株式市場は何時にはじまりますか?
A-3. 香港の株式市場は前場が9時30分から12時、後場が13時から16時です。香港と日本は1時間の時差があります。株式市場の休日は香港の祝日及び土・日曜日です。

Q-4. 銀行口座や証券口座の開設にどのくらいかかりますか?
A-4. 1時間もあれば十分と思います。

Q-5. 国際電話のかけ方が分かりません
A-5. 国際電話接続番号は、お客様のマイラインなどの国際通話区分の登録によって異なります。FAXも同様です。
詳しい国際電話のかけ方はこちら>>>

Q-6. アメリカやヨーロッパの株はどのように注文するのですか?
A-6. 香港市場と同じ時間にご注文ください。株式市場と株式コードナンバーあるいは会社名称と買い付けしたい口数をお伝えいただければ結構です。

Q-7. ベトナムやカザフスタンの株は買えますか?
A-7. ベトナムやカザフスタン株は直接買うことができません。通常はヨーロッパに上場しているETFでベトナム株に投資できます。金融機関で積極的に販売をしているベトナム株ファンドは中身を点検してみると、ただヨーロッパに上場しているETFで運用しているだけです。手数料や年間管理費を安く抑えるなら直接マーケットでETFを売買するべきです。

Q-8. プライベートバンクはどうですか?
A-8. 一口にプライベートバンクといってもそれぞれ個人のニーズによって一長一短があります。プライベートバンキングとプライベートバンクでは大きく内容が異なります。資金があるからといってむやみに口座開設することはお勧めしませんが、200年以上の歴史から資産を守るノウハウには様々なテクニックをもっていますし、きめの細かいサービスができます。

Q-9. 海外にはツアーでしか行ったことがありません。金融のことは全くわかりません。それでも大丈夫ですか?
A-9. 人任せではダメです。知識がなければ騙される確率が高くなります。勉強しながらご自身で何でもやってみることが大切です。