プライベートバンク

プライベートバンクについて


スイスでプライベートバンクが発祥した背景を簡単にいいますと、17世紀、18世紀戦乱に明け暮れたヨーロッパでは各国が領土拡大で激しく争い、中立国であったスイスから傭兵が派遣されて彼らに払われた給与の保全が始まりといわれています。そして戦争で危機にひんしたヨーロッパの王族がこぞって中立国であったスイスに資産を逃避しこれがプライベートバンクの基盤をなし発展してきました。したがってその金融ノウハウというのは200年以上の歴史があり、資産継承、資産の保全というところにスポットライトが当てられています。
近年プライベートバンキングという部門が発展してきていますが、こちらは大手銀行などが富裕層にターゲットを絞り、手厚いサービスと有利な商品を提供する銀行の一部門あるいは分社化された銀行です。したがってプライベートバンクとプライベートバンキングではどちらも富裕層を対象とした金融サービスですがその背景は似て非なるものです。